2016/06/06 10:43:06 |
借り換えとしてカードローンを利用する際には、いくつか気をつけておきたい点があります。金利や返済の負担の比較はもちろんですが、それ以上に重要となるのが借り換えにカードローン自体が対応しているかです。カードローンの中には借り換えとしての利用に向かないものがあり、特に地方銀行や信用金庫のカードローンでは消費者金融系からの借り換えとしての利用を認めていないものが多いです。借り換えとしての利用が認められていないと借り換えとしての申し込みもできないので、いくら金利に優れているとしてもどうにもなりません。その点で注目をしておきたいのは大手銀行やネット銀行のカードローンで、これらの金融機関のカードローンはほと...
2016/06/06 10:43:06 |
消費者金融ではネットでの申し込みやWeb上での契約ができるのが一般的ですが、モビットではネットでの申し込みや契約の進め方が二種類ある他の消費者金融とは異なる手続き内容となっています。通常のWeb申し込みは他社消費者金融と同様の手続きであり、ネットで申し込みを進めた後に来店不要で契約を行う形となります。特に難しい内容ではなく、しっかりと必要書類を確認して申し込みを行えば契約までスピーディに進められます。もう一つはモビット独自の手続きとなるWeb完結で、Web申し込みよりも利用のためのハードルが上がってしまいますが、電話と郵送物が不要となる内緒での借り入れに適する手続きの進め方です。社会保険証が必...
2016/06/06 10:43:06 |
カードローンは基本として個人が利用する範囲での借り入れに留まり、事業資金として消費者金融や銀行のカードローンを利用することはできません。しかし、逆に事業資金としての利用に限られる商品であれば問題なく借りられ、運転資金としても繋ぎ資金としてもカードローンが役立ちます。事業資金としての借り入れを行うカードローンは主にビジネスローンと呼ばれ、個人事業主や法人の方が借りられる商品内容となります。金利は金融機関の企業融資などと比べると高くなりますが、その代わりに手続きの手軽さの面では大きく勝っているのが特徴です。資金の計画書等も特には不要となる場合が多く、総量規制を超える借り入れを行うとすれば必要なもの...
2016/06/06 10:43:06 |
お金が必要になるのは平日に限らず、土日や祝日などの場合もあります。平日であればカードローンの振り込み融資をはじめとする借り入れが利用できますが、銀行休業日では振り込みでは借りられません。銀行が休み、振り込みで借りられないといったことからカードローンは土日や祝日では利用ができないと考えられがちですが、決してそのようなことはありません。土日の申し込みでも最短即日での借り入れを可能としているところもあり、曜日を問わずに対応可能時間であればスピーディな融資を可能としてくれるのです。代表的な借り入れ先として挙げられるのが、土日も最短30分の審査回答となるプロミスです。ネットで申し込みを行うと早ければ30...
2016/06/06 10:43:06 |
いくつもある借り入れを一つにまとめて返済を楽にするのであれば、おまとめローンとして利用ができるカードローンを選ばなければなりません。多くのカードローンでは借り換えやおまとめとしての利用はOKとされていますが、それでも中には不可としているカードローンも存在します。借り換えやおまとめとして使えないカードローンの場合には、申し込みをしてもおまとめ目的として審査を行ってくれないため、ただの借り入れが多いだけの不利な審査となってしまいます。当然、そうなれば審査結果も厳しいものとなってしまうので、おまとめを考えるどころか審査通過すらも難しいです。しかし、おまとめとしての利用に対応をしているカードローンなら...