カードローンやキャッシング、お金に関することを頑張ってまとめてみます。

カードローン情報を全力でまとめてみるブログ

情報

カードローンとクレジットカードの違いをしっかりと理解しましょう

投稿日:

生活を営んでいく上で何かと必要になってくるのがお金ですが、実際に欲しい時にそれだけの金額があるわけではないのがもどかしい時もあります。そんな時によく利用されるのがカードローンとクレジットカードですが、似ているようできっちりと違いがあり、それを理解しておくと色々と便利なので覚えておきましょう。

まずはカードローンとクレジットカードの違いですが、一般的にカードローンは現金を借りるというシステムになっており、一方でクレジットカードは商品を買う際に現金を立て替え払いしてくれるシステムとなっている点でしょう。

カードローンに関しては銀行や消費者金融などが融資を行いますが、クレジットカードの立て替えはクレジットカード会社が行うので審査基準も実は少々違ってきます。

また法律的なものにも違いが出てくることになっており、カードローンは貸金業法が適応され、一方でクレジットカードは割賦販売法が適応されます。カードローンに関しては貸金業法の中に総量規制という項目があり、年収の1/3以上の借入は基本的に出来ないようになっています。

勿論例外はありおまとめローンや銀行ローンなどは年収の1/3以上の借入であっても、情状を考慮して審査をしてくれるので安心してください。クレジットカードに関してはこの総量規制のような項目は無いために、限度額に関してはそこまで厳しく決められているわけではありません。

カードローンやキャッシングの審査に通るには年収いくら必要?|消費者金融や銀行の比較をするならカードローンタイム
https://www.cardloan-time.com/column/nensyu.html

ですが大体の返済能力の基準がこの年収の1/3程度という目安になっているので、この辺は新しくクレジットカードを作る際には覚えておきましょう。

カードローンに関しては最近だとWeb完結などのサービスが多くあり、現金を貸し出すスタイルにも幅が出てきました。休日や夜間でも振込で簡単に借入ができるので便利ですが、返済などが遅れるとブラックリスト入りするなどのデメリットもあるので注意しましょう。

クレジットカードも同様に電子マネー払いや深夜の通販などに便利なのですが、カードローンとの大きな違いとしては様々な付帯サービスが存在する点にあります。

クレジットカードには付帯保険や商品の保険、不正利用での補償、身分証明書、ポイントキャッシュバックなど色々なメリットが付帯しているので、個人の生活スタイルに合わせて利用できるのが嬉しい点でしょう。

このようにカードローンは基本的に融資というシステムになっており、クレジットカードは買い物時の料金立て替えと様々な付帯サービスが付いているという点が違うので、自分に合ったものを選んで賢い生活をしましょう。

-情報

Copyright© カードローン情報を全力でまとめてみるブログ , 2018 All Rights Reserved.